HOME/恋愛成就の手順書/恋愛の取扱説明書/彼氏に結婚したいと思わせるための心理学!
恋愛の取扱説明書

彼氏に結婚したいと思わせるための心理学!

 

「いま付き合ってる彼氏と結婚したい!

でも彼氏は、私と結婚したいと思っているのかわからなくて悩んでいます」

 

このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

同棲をしていても彼氏の本心を伺うのは難しいと思います。

 

同棲をしていなくても、付き合いの期間が長くなれば結婚も考えるのは当然。

女性から男性に「結婚してほしい」と伝えるのも違う気がします。

 

ロマンチックでなくても、やはり男性からプロポーズされたいですよね。

そんな方にぜひ試して頂きたい方法があります。

 

そんな時こそ心理学を使って相手に「結婚したい」と誘導しましょう!

悪い使い方ではなく、自然と結婚したいと思わせる方法です。

 

 

ということで今回は、

彼氏に結婚したいと思わせるための心理学』を紹介します!

 

読み終わる頃には、

「すぐに試してみようかな」と思ってもらえるように説明しますね。

 

考え方が一緒だと思わせる!

 

 

みなさんは、男性が「この人と結婚したいな」と思う瞬間をご存知ですか?

それがわかれば苦労しないよ!と怒られそうですが、女性目線でも男心を知るのは難しいですよね。

 

でもみなさんが思っている以上に、実は単純なメカニズムだったりします。

というのも本当にあなたと結婚を考えている男性なら、何かしらのサインは出しているからです。

 

男というのは、付き合って3ヵ月が一番盛り上がる時期とされます。

その3ヵ月を過ぎてから3年もすると、慣れもあるので落ち着いた付き合い方に変化します。

 

女性が結婚を意識するのもこの時期なのですが、男性の盛り上がり度は下がる傾向に。

この互いの温度差に、女性目線は「この人は私と結婚する気はあるの?」と疑ってしまうわけです。

 

この時の男性の心理は、本気で結婚までは考えていなくても先のことを少しは考えています

その未来が結婚と結びついていないのが問題なだけです。

 

だからこそあなたがすべき行動は、相手の心を少しずつ動かしてあげることです。

食事を作ったからといって、「この人と結婚したい!」なんて思いませんよ。

 

では具体的にどうすればいいのかを話しますね。

ここでは『同調効果(同調現象)』という心理学を応用したいと思います。

 

同調効果というのは、「あなたと私の考えは同じですよ」ということを認識させるのです。

この同調現象が起こると、相手には安心感や親近感を覚えるといった心理的効果を期待できます。

 

男というのは、自分の話と合う人を好みます。

たとえくだらない話やバカな話でも、一緒に共感してくれる人を好むのです。

 

これはなぜかというと、一緒にいても楽に感じるからです。

「この人と一緒にいると楽だな。一緒にいると楽しいな」と思うようになります。

 

人間の持つ『拡大思考』に働きかけることができます。

拡大思考というのは、「今が楽しいならこの先もずっと楽しいだろうな」と自己解釈を誘う心理です。

 

女性からすれば難しいことは何もしなくても大丈夫!

ただ男性の話に合わせる。面白いことを言ってきたら笑ってあげる。これだけです。

 

男は単純だと先ほども触れましたが、本当に単純ですよ。

褒めれば喜ぶし、話に笑えば嬉しそうな顔をします。

 

でも、相手の話を否定すればすぐにふてくされて怒りますよね?

だからこそ、男性の心を操るのは誰でも簡単にできてしまうのです。

 

スポンサードリンク

良き夫になると思わせよう!

 

 

好きな人の胃袋を掴む」なんて古典的な方法をおすすめする人がいます。

私から言わせれば、そんなのは不十分です。

 

あなたは彼氏のお母さんになりたいのですか?

違いますよね。母親ではなく妻になりたいのですよね?

 

であれば、作戦を変えましょう。

ちなみに料理を作ってあげるのはいいことですからね。誤解しないでください。

 

彼氏もあなたに何かをしてくれることはありませんか?

コーヒーを淹れてくれたり、重い荷物を持ってくれたり。

 

その時にあなたは、「ありがとう」で言葉を終わらせてはダメです。

あなたが彼氏に言う言葉は、

 

「ありがとう。○○君って優しいお父さんになりそうだね」

と言ってみてください。最初に感謝で、最後にあなたが求める言葉で締める。

 

この方法を心理学では『ラベリング効果』といいます。

このラベリングで、彼氏に「いいお父さん」というレッテルを貼りつけるのです。

 

  • ラベリングとは、ラベルを貼ること。
  • レッテルとは、文字や商品名。内容などを貼りつける紙の札のこと。

 

貼られたレッテルに合わせようと無意識に心理が誘導されてしまうのです。

会社の上司に褒められると、もっと頑張ろうとする心理と似てますね。

 

結婚をしたいと思うなら、「素敵な旦那様になれそうだね」と言うこと。

子供が欲しい時には、「素敵なパパになれそうだね」と言うだけでいいです。

 

ちなみにこれは、何回も言うと「しつこい」と思われます。

なので、たまーに言うくらいで丁度いいかもしれません。

 

結婚を最大限に意識させる!

 

 

彼氏には、「夫婦っていいかもな」と思わせる心理学を紹介!

具体的に何をするかというと、『連合の原理』を用いた心理的誘導を行います。

 

連合の原理というのは、

2つのことを互いに関連し、結びついていると錯覚させることです。

 

よくビジネスでも用いられる手法の一つとして有名。

「商談をする際は食事中にする」ということを聞いたことはありませんか?

 

これは、食事という楽しい時間を目の前の相手と共有することで、

その人に対して、良い印象を抱くという心理が働く効果があります。

 

つまり、これを彼氏に応用しようということです。

美味しい食事を2人で楽しむちう時間をたくさん設けてみてください。

 

あなたの手料理を振る舞うのが一番効果的かもしれません。

「好きな人の胃袋を掴む」は、実は連合の原理の効果を利用してるのかもしれませんね。

 

ここで注意したいのは、ただ一緒に食事をするだけだと効果は薄いです。

先ほど紹介した『同調効果』も最大限に活用してください。

 

あなたとの食事も会話も楽しい。

「一緒にいると幸せ」という感情を、潜在意識に植え付けるのが狙いです。

 

そもそも連合の原理というのは、相手の潜在意識に訴えかけるのです。

それを意図的に利用します。意図的といっても悪いことではないので安心してください。

 

スポンサードリンク

あなたを特別と認識させる!

 

 

買い物の時に、買うつもりもなかったのに思わず買ってしまった

そんな経験をしたことはありませんか?

 

おそらく売られていた商品には、

限定・特売・安売り』といった文字が並んでいませんでしたか?

 

人は特別な存在に魅力を感じてしまう生き物なのです。

これは性別関係なく、人間の本能を刺激する甘い言葉と捉えてもいいです。

 

ということで、ここでは2つの心理学に触れますね。

その心理学の名を『バンドワゴン効果』と『スノッブ効果』といいます。

 

  • バンドワゴンとは、
    「みんなも持っているから安心!」と感じる安心感。
  • スノッブ効果とは、
    「みんなが持っているからほしくない」と否定する感情。

 

この2つは対極に存在する心理なのです。

しかし、この2つを上手に組み合わせると最高の効果を発揮します。

 

「大人気の商品が売り切れ間近!残りはあと1つです!!」

 

このように店員に言われたらどう思いますか?

欲しくもなかった物でも、ラスト1個と言われたら買いたくなると思いませんか?

 

みなさんには、この方法を彼氏に行ってほしいわけです。

 

その辺に売られている物はとくに欲しがらない。

しかし、ラスト1個という存在になると特別な商品に変わります。

 

特別な商品だからこそ「買いたい!」という衝動に駆られる。

ここでいう買いたいは、『結婚』を指します。

 

つまりあなたは、

彼氏にとっての『特別な存在』になればいいわけです。

 

「それができれば苦労しないよ」と言いたそうな声が聞こえてきそうです。

しかし、これまで紹介した心理学を行っていればなれますよ。

 

彼氏にとっての特別な存在に

 

実際あなたにとって彼氏は、特別な存在なのですよね?

男性は単純で鈍感な生き物なので、女性のような考え方は苦手なのです。

 

だからこそ、「私はあなたにとって大切な存在なんだよ」と教えてあげましょう。

最後のまとめで、もう一度触れますので最後まで読んでくださいね。

 

最後のまとめ

 

というわけで今回は、

彼氏に結婚したいと思わせるための心理学』を紹介しました。

 

最初から話すと長くなるので、端的に振り返りますね。

男性は3ヵ月で恋愛の熱が下がり始めます。3年も経つと落ち着いた雰囲気に変化する。

 

女性は結婚を意識するので、熱が上がり始めます。

しかし、男性との温度差に不安や疑問を抱き始めるわけです。

 

「それでもこの人と結婚したい!」という強い意志があるなら、心理学を試しましょう。

まずは『同調効果』を用いた方法で、彼氏の考えに同調してみること。

 

次に試してほしいのが『ラベリング効果』です。

「○○君は素敵な旦那さんになれるね」というレッテルを貼りましょう。

 

レッテルを貼られた彼氏は、あなたとの結婚生活を意識し始めます。

そして意識した方向に進もうとする効果もあるので、ぜひ試してください。

 

次に『連合の原理』でしたね。

「あなたといると幸せ」という気持ちを、潜在的な思考に植え付ける。

 

これを食事を利用して意図的に行いましょうと紹介しました。

意図的といっても、悪いことをするわけではないので安心してください。

 

最後に『バンドワゴン効果』と『スノッブ効果』を紹介しました。

これは、彼氏にとってあなたは特別な存在と思わせる方法でしたね。

 

これが最終段階といっても過言ではないほど重要なことです。

むしろここに到達できないと、プロポーズはしてこないと思えるレベルかも。

 

ざっくりした説明なので、わかりにくい方は最初から読み返してください。

そうすればあなたのすべき行動は見えてくるはずですよ。

 

心理学もきちんと利用すれば、あなたに幸せをもたらしてくれます。

そして、彼氏との結婚が上手くいくように心から祈っております。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

error: Content is protected !!