HOME/恋愛成就の手順書/会話関連の参考書/会話がつまらない男性の5つの特徴を紹介!
会話関連の参考書

会話がつまらない男性の5つの特徴を紹介!

 

好きな女性と仲良くなりたいのに、話がつまらないと思われたくない。

面白い話をして距離を縮めたいと思っていても面白い話が思いつかない。

 

このように会話への悩みを抱える男性は意外と多いのではないでしょうか。

 

では、話がつまらないと思われてしまう原因とはいったい何なのか?

この原因を知ることで、自分の短所を改善することは可能なのです。

 

自分の短所をいきなり長所に変えることは難しいかもしれませんが、意識をすることでしっかりと直すことはできます。

「なるほどね!」という感じで最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

 

ということで今回は、

会話がつまらない男性の5つの特徴』を紹介します。

 

最後まで読む頃には、

「今日から気を付けるようにするよ」と思ってもらえるように説明しますね。

 

 

 

会話について多くの男性は勘違いをしています。

明るく・楽しそうに話すことを心掛ければ相手も話しに乗ってくれるに違いない!という思い込み。

 

残念ながらそれは違いますよ。

楽しいかそうでないかを決めるのは相手であって、あなたではないということを自覚すべきです。

 

では楽しい会話に発展させるために必要なことは何か?という疑問を持ちますよね。

答えは、相手に自分の話をさせてあげること

 

よっぽど仲の良い友達や家族、好きな人の話でもない限り他人の話に興味なんて持ちません。

いくらあなたが相手のことを好きだとしても、相手があなたのことを好きだとは限りませんよね。

 

このように楽しい会話とは、相思相愛の関係であるからこそ成立するもの。

とはいえ例外はあります。

たとえば自分の好きな話をする時自分の話を聞いてくれる人に対しては好意を抱くのが人間の心理というものです。

 

反対に嫌われる人といのは、一方的に自分の話ばかりをする人です。

会話とはキャッチボールをするから楽しいのであって、相手から投げ続けられたら誰でも疲れてしまいます。

 

「この人の話はうんざり。もう私に話し掛けないで」

このような事態を自ら招いてしまう恐れがあるわけですね。

 

自分の話はつまらない。楽しい会話ができない。

といった悩みを持つ方は、『自分の話をするより相手の話の聞くことを念頭に置く』を実践してみましょう。

 

この辺の話はこちらの記事が参考になると思うので、よかったら読んでみてください。

会話が途切れない話し方のコツを教えます!

 

次に紹介するのは、

せっかく会話が成立してるのに残念な人になってしまう可能性の高い人です。

 

スポンサードリンク

話が自慢話に聞こえてしまう

 

 

せっかく楽しそうな会話ができると思ったら、徐々に相手の顔が「つまらない」と言わんばかりの雰囲気に・・。

ではどうして楽しそうな雰囲気が変わってしまったのでしょうか。

 

その原因はあなたの会話の中に隠れているのです。

本人は無自覚なので何とも思わないのですが、会話の端々に「自慢?」とも取れるような発言をする人がいます。

 

たとえ本人に悪気はなくとも、相手が「不快」と感じたらそれまで。

そんなこと言われたら何も話せなくなってしまうじゃないか。と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

この「自慢?」と思われてしまう原因を知ることで解決はできます。

どうして自慢と受け取られてしまうかというと、あなたの中にある知識が邪魔をしてしまうのです。

 

わかりやすい例文を紹介しますね。

まずはダメな例からです。

 

A「○○さんは、○○のことを知ってる?」

B「いいえ。私は知りません」

A「そうか、じゃあ教えてあげるよ」

B「・・。いいえ大丈夫です」

 

最初から興味がないことを話されても、Bさんにとっては迷惑でしかありません。

さらに、聞いてもいないのに語られたら不快に感じることでしょう。

 

では逆に良い例を紹介しますね。

 

A「○○さんに、○○のことで意見を聞きたいのだけどいいかな?」

B「もちろんいいですよ。どんなことですか?」

A「○○について僕はこう思ったんだけど、○○さんはどう思う?」

B「そうですね、私は□□だと思いました」

A「なるほどね!そういう考え方もあるんだね。助かったよ。ありがとう!」

 

ダメな例と良い例を見て、みなさんはどう感じましたか?

まずダメな例から説明すると、相手の話を聞かずに自分の話ばかりを優先していますよね。これは最悪なので今すぐにでもやめましょう。

 

そして良い例というのは、自分の意見を言いつつも相手の意見を聞くという姿勢を示す。

つまり相手の意見を尊重した上で参考にする。最後に感謝の気持ちで締めくくっているのです。

 

女性との会話で一番大切なのは共感

「この人は私の話を聞いてくれる」という気持ちになってもらうことで、あなたとの会話は楽しいと感じてもらえるのです。

 

自分の持つ知識をひけらかすのではなく、相手の言葉や意見に耳を傾けること。

その言葉の価値を高めることで、あなたの存在意義が高まるのだと覚えておきましょう。

 

上から目線の話し方がうざい

 

 

知識を蓄えた男性がその知識を披露しようと女性に話し掛けるも、消極的な態度を見せる女性。

「あれ?この話は嫌いだったかな?」

このように察知し、話をやめてしまう男性が世の中にはたくさんいます。

 

違いますよ。

あなたの話が面白くないとか嫌いとかではなく、会話中の態度が不快に感じた可能性が高いです。

 

自分の知識を披露したがるのは男性の悪い癖で、女性はそんな知識なんて1ミリも興味なんてありません。

聞いてもいないことを話し掛けられ、興味のない知識を披露されても相手は不快にしか感じないのです。

 

しかも、その話をする時の男性というのは ”上から目線” に見えてしまい最悪な印象として記憶に残ります。

そういう人と話しても嫌な気持ちになるだけなので、話し掛けられても無意識に会話を避けられてしまうことに。

 

会話の基本として大切なのは、相手が興味のある会話を心掛けること。

誰でも興味のない話をする人に対して好感なんて持ちませんよね。これは基本的なことなので覚えておいてください。

 

そして聞かれたことには答える。ただし、必要以上に自分の話をしてはいけません。

必要なことを質問したのであって、横道に逸れた話しに興味なんてないからです。とくに個人的な話はNGですよ。

 

自分から話し掛ける場合は、相手の得意な土俵で話を展開しましょう。

質問をする。話を聞かせてください。というスタンスで話を展開すると会話が盛り上がりやすくなります。

 

相手には話を聞いてもらうよりも、話をさせるほうが楽しいと感じるのです。

それも自分の得意分野で話してもらい、あなたには聞き手に回ったほうが良い印象を抱かれます。

 

仮に自分の知ってることを相手が話したとしても、その話の腰を折るような発言は避けましょう

せっかく気持ちよく話しているのに、その話を否定されたら誰でも嫌な気持ちになりますよね。

 

あくまでもあなたは聞き手に徹し、教えを乞う立場に立つべき。

「話をしてスッキリ!」という気持ちは相手にさせてあげることを念頭に置くこと。これだけであなたの印象は大きく変わりますよ!

 

スポンサードリンク

自分以外の話には興味がない

 

 

相手が興味のない話をしても興味を持ってもらえない。という話をしました。

ですが、その逆のことをあなたがしてしまっているかもしれません。

 

というのも、あなたにとって興味のない話を相手にされたとします。

興味のない話をされても楽しくないと感じるのは仕方ありません。しかし、その感情が表に出ていたとしたらどうしますか?

 

相手がだんだんと曇った顔を・・。こういった光景を見たことはありませんか?

楽しくないという感情が伝わるから会話がそこで終了する。

実はこの時のあなたの顔も相手と同じ表情をしているかもしれないのです。

 

ミラーリングといい、言葉だけではなく顔の表情も真似てしまうという人間の心理効果の表れですね。

言葉と違い表情は無意識なので、相手の表情に近い表情をあなたもしていると思ったほうがいいですよ!

 

仮に興味のない話をされたとしても、「興味があります!」という態度を取るべきです。

自分の話は聞いてもらいたいけど相手の話は興味がない。これでは楽しい会話など成立するはずがありません。

 

なので自分から話し掛けた時には相手の返す言葉にしっかりと耳を傾けること。

相手から話し掛けられた時は、たとえ興味がない話だったとしても興味があるという素振りをすることを心掛けましょう!

 

過程よりも結論を知りたがる

 

 

これは男性脳と女性脳の違いが大きく関係しているので、自覚しないと改善できない問題の一つ。

とにかく男性は結果を早く知りたい。一方で女性は結論までの過程を楽しむ傾向にあります。

 

こんな会話の流れを見て、男性陣はどう思いますか?

女性「この前、〇〇の近くにお店ができたの」

男性「へー、どんなお店ができたの?」

女性「素敵なレストランなんだけど、どんな料理が出ると思う?」

男性「フランス料理のお店とか?」

女性「おしい!外観はフランス料理が出そうだけど、意外な料理が出るんだよ」

男性「意外な料理ってなに?そろそろ教えてよ」

 

こういった感じのやり取りを見て、あなたならどう感じましたか?

男性脳は結論を先に知ってからの展開を起こしたいと思っているので、結論の見えない話を嫌います。

逆に女性はというと、話を膨らませてから結論までの会話を楽しむ傾向にあるのです。

 

女性の中にも男性とのほうが気が合う。と言う方を見掛けたことはありませんか?

こういう女性の多くは男性脳に近いため、結論を先に知りたいという思考の持ち主の可能性が高いのかもしれませんね。

 

もし女性との会話を楽しみたいと思うのでしたら、結論を先に聞きだすという思考は一旦置きましょう。

相手の会話を大きく広げるような感覚で、結論までの流れを一緒に楽しむことをおすすめします。

 

難しく考える必要はありません。クイズ感覚で相手の出す問題に答えていけばいいのです。

なかなか答えにたどり着けずもどかしいと感じるかもしれませんが、会話を楽しむ為にも我慢してください。

 

会話がつまらない男性の多くは、こうした相手への配慮ができない人達ばかりです。

「つまらない男」と一括りにされない努力をすることで、特別な存在になれるので頑張りましょう!

 

最後のまとめ

 

ということで今回は、

会話がつまらない男性の5つの特徴』を紹介しました。

 

会話がつまらないと見なされてしまう原因を5つ紹介したわけですが、共通してることは一つです。

会話の中心を自分にしてしまう人は、会話がつまらないと思われてしまうということ。

 

繰り返しになりますが、自分の興味のない話をされたところで楽しめるはずがありません。

自分の好きな話をするからこそ、楽しいと感じることができるわけです。

 

話の主役は自分ではなく相手である。相手を立ててこそ楽しい話ができる。

このことを肝に銘じることで笑いの絶えない会話を誰でもすることは可能ですよ。

 

恋愛の始まりは会話から始まると言っても過言ではありません。

その会話を楽しむ努力というのは自分の魅力を知ってもらうチャンスなので、今日から改善してくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

error: Content is protected !!