HOME/恋愛成就の手順書/モテる男の参考書/女性にモテる40代男性の特徴を教えます!
モテる男の参考書

女性にモテる40代男性の特徴を教えます!

 

独身の40代男性で婚活をされている方をよく見かけるのですが、

「女性と全然付き合えない・・」という切実な悩みを抱えている方が多いように感じます。

 

なかには、女性との恋愛を楽しむ40代男性もいるので不思議に思いますよね。

どうしてアイツはモテるのに、俺は全然モテないんだ?

もちろん年齢のせいにすれば納得はできるかもしれませんが、それでは今回の悩みは解決しません。

 

今回の問題を解決するために必要なのは、モテる男性の特徴を知ることです。

特徴を知ったからといってすぐに問題解決とは至らないでしょう。

でも知らずに人生を消化するくらいなら、自分を変える方向に努力を注げば現状を変えることは誰にでもできるのです。

 

今回の記事を書くにあたり参考にさせて頂いたのが、30代と40代女性3人の意見です。

たくさんの恋愛、そして婚活を経て結婚された女性による実体験を元に書いたので、恋愛で悩む40代男性には参考になるかと思います。

 

 

ということで今回は、

女性にモテる40代男性の特徴』を紹介します。

 

最後まで読む頃には、

「結婚に向けて本気で変わる努力をするよ!」と思ってもらえるように説明しますね。

 

年収や蓄えはどのくらいが理想?

 

 

40代の未婚の男性というと、ある程度の年収や蓄えを女性は期待します。

理由は、もし実際に結婚するとなればその後の生活基盤がしっかりしているのか?家を建てる?マンションを購入?すでに戸建てを持っている?ということを想定します。

 

もちろんアパート住まいで、2人で住めるような場所だとしても、お互いの勤務先や住みやすい場所に移るかもしれません。

そういったことを考えると、300~700万の貯金は必要になります。家を建てるとなると1000万以上となりますが、これはあくまでも可能性の話になります。

 

年収に関しては、住む地域などを考えても最低300~600万を基準として考えます。共働きであればもう少し低い水準でもいいのですが、300万以下は厳しいかもしれません。

結婚し専業主婦をさせたいという男性側の要望があれば、最低でも500万以上を望んでいる女性が多いのです。

 

住む地域によって収入や年収は異なるので、都会と田舎での年収を比較するのは間違っています。

しかし、貯金がない=将来への不安という面では同じだということを理解しましょう。

 

スポンサードリンク

お金以外にモテる大切な要素は?

 

 

これは実際に結婚をした主婦目線での話になります。

夫になる男性はこういう人であってほしい、最初からこういった要素を持ち合わせていてほしいという要望になります。

 

最低限の清潔感がある

 

理由は、あまりにも不潔そうだと印象が悪いです。これは服装であったり佇まいといったものも含みます。

あとタバコを吸う男性も女性は嫌う傾向にあります。タバコ吸う女性もいるのでこの辺は人によりますすが、吸わない人にとっては嫌がります。

 

とくに女性は異性の匂いに関しては敏感な生き物。

女性もタバコを吸っているなら問題はありませんが、タバコを吸わない女性にとって吸う人のタバコ臭は不快でしかありません。

 

なので最低限のブレスケアやエチケットを心掛けることで女性の好感度は上がることを知っておいてくださいね。

モテる男性はこの辺のことを最低限行っています。タバコを吸う方は是非実践しましょう。

 

自分の話ばかりをしない

 

理由は、自分の話ばかりする人は嫌われます

女性の脳の作りは男性とは違い、「話を聞いてほしい。共感してほしい」という欲求が男性よりも高いのです。

 

男性は自分の話を聞いてもらい、相手のリアクションが大きければ喜ぶ生き物ですが、婚活という場では自分の欲求は抑えて下さい。

代わりに、男は質問するインタビューアーになりきりましょう。

質問をされる私に興味があるのかな?という心理が働くため、質問する側のほうが結果的に上手くいきます。

 

会話をするのは苦手という方に向けた記事を書いたので、下の関連記事を参考にしてみてください。

 

会話がつまらない男性の5つの特徴を紹介!

会話が途切れない話し方のコツを教えます!

 

否定しない

 

理解もせずに女性の話を否定してはいけません

女性は共感してほしい生き物です。とりあえず最初は共感し、どうしても納得ができない事があるなら「あなたが悪いのではなく俺の意見なんだけどね」のように前置きを置きましょう。

 

男性は直感で動くタイプが多く、女性は論理的に物事を考えます。

最初から思考が違うので「上手くいくのは難しいのでは?」と思うかもしれませんが、そこは男性が一歩引いて冷静に対応すべきです。そのほうが円満な家庭を築けます。

 

 

否定はしないけど自分の意見をちゃんと話す

 

から返事のように「うん」しか言わない人ほどダメだと思います。

「ほんとに分かってくれてる?私の話聞いてるの?」と思ってしまうからです。

 

納得したような返事のあとに、少し間を置いてから、「そうなんだね、俺もこのことはこう思うよ」という返しができると良い関係を築けるはずです。

喧嘩は害はあっても、互いに得をすることはありません。

 

自分の意見を主張するにしても、まずは相手の言葉を飲み込んでください。そのあとに自分の意見を言う。

これは男性のほうが女性よりも得意だと思うので、試してみてくださいね。

 

共働きを強要しない

 

今の時代は共働きが一般的なのかもしれません。「共働きをしてほしい」と強要する人は残念ながらモテません。

共働きの強要=お金がない人に思われる

もちろん相手の女性が「結婚しても働きたい!」という明確な意思があるなら別です。男性は「自分の好きにしたらいい」というスタンスがモテますよ。

 

とはいっても、世知辛い世の中なので男性だけで家庭を支えるにも当然限界はありますよね。

もしあなたが婚活をされているのであれば、相手には事前に「結婚後の仕事はどう考えてますか?」問うことを勧めます。

 

あくまでも共働きを強要するのは嫌われるのであり、相手の意志を汲む。そして尊重することはプラスに働きます。

「私結婚したら働きたくありません」

このような発言をする女性がいたら、こちらから丁重にお断りしましょう。あなたの人生に影しか落とさない存在となるからです。

 

スポンサードリンク

結婚して分かった理想の夫とは?

 

 

↓以下は主婦の意見をそのまま紹介しますね。

 

休日くらいは主夫になる

疲れているのは男性だけではありません。妻もまた同様に疲れているのです。

せっかくの休日だからとダラダラするのではなく、掃除や洗濯、料理といった自分ができることをしてあげてこその家族サービスです。

 

婚活といった場では、料理が趣味で様々な料理を作って楽しんでます。といったことを言えば、相手の女性の好感度も上がります。

「この人と結婚したら、一緒に料理を作ったり、私の代わりに料理を作ってくれそう」という、結婚後の想像もしてくれるかもしれません。

 

 

妻にお金の管理を任せる

妻が自分がしたくないと言った場合は別ですが、基本妻がお金の管理をしている家庭の方が上手くいっている家庭が多いです。

 

私の夫は自分のお小遣いさえ確保すればいいので、私が管理してある程度自由に使っています。

私のお金の使い方で文句を言われたこともありません。といっても私も管理している身なので無駄遣いなどにお金を使いません。

 

夫が自分が管理したいといって管理している家庭は、大抵夫の趣味が小遣いの範囲外(車2台持ち等)だったりします。そして妻には少ないお金しか渡しておらず夫婦仲がよくない家庭が多く感じます。

もちろん趣味があるのはことはいい事です。無趣味で家でダラダラされるより・・。

 

でもそれは妻にも夫にも平等に必要なことです。なので「俺は小遣い制は嫌だ!」という男性は、私の場合は即さよならです。相手にもしません。

なので男性は、「俺は小遣い制でも全然いいんだけどね」と話したら結婚相手として意識してもらえるかもしれませんよ。

 

最後のまとめ

 

ということで今回は、

女性にモテる40代男性の特徴』を紹介しました。

 

当然ながら結婚は理想通りにはいきません

ここまでの話を振り返ってみても、男性にも言い分はあると思います。でもどの内容にも共通することは女性を大切にする事です。

 

女性は大切にされたい、愛されたい生き物です。女性を大事にできる事をアピールしたら一気にモテるかもしれません。

自分の主張だけを相手に押し付けるのは間違っているので改める努力は必要ですよ。

 

結婚の目的が自分よがりの考え方をしてる人は相手に見透かされてしまいます。

結婚の目的を今一度再確認し、人生を共に歩める人を探す。そしてその人に気に入られるような自分磨きを常に心掛けてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

error: Content is protected !!