HOME/恋愛成就の手順書/LINEの恋愛説明書/男がLINEで失敗しちゃうデートの誘い方!
LINEの恋愛説明書

男がLINEで失敗しちゃうデートの誘い方!

 

LINEでデートに誘いたいと思う男性は、意外と多いのではないでしょうか?

誘うことを他人に知られたくないという人もいるはずです。

 

LINEなら気軽に誘えるから。という人もいれば、

電話や直接と違って、断られても傷が浅く済むと考えてる人もいると思います。

 

「こんな風に誘えばいいよ」

といった感じで紹介している記事を見ますが、それでは不十分です。

 

なぜなら、恋愛に絶対の成功法なんてありません

成功法を学ぶよりも、失敗する原因を知るほうが意味があります。

 

嫌われる誘い方をする特徴の一つに、

自分で決めずに相手に決めさせる」があります。

 

どうして自分で決めない男性が嫌われるのか?

女性の心理と共に、その理由も本文でじっくりと話します!

 

 

ということで今回は、

男が失敗するデートの誘い方(LINE編)』を紹介します。

 

読み終わる頃には、

「危なく失敗するところだった」と思ってもらえるように説明しますね。

 

決断を相手に任せるはダメ!

 

 

デートに誘いたいのはあなたですよね?

なのに、相手に決めさせることを優しさと勘違いをする男性が多いのです。

 

例えばこんな誘い方をする男性は嫌われます。

 

 

この例文の何がダメなのかがわかりますか?

これがわからないと、あなたもデートに誘う際に失敗するかもしれません。

 

結論からいうと、

自分で決められない男頼りない男は、女性にモテません。

 

今回の場合も、

優しさをアピールするどころか頼りなさをアピールしただけです。

 

この時の女性の心理は、

「この人と付き合っても、頼りなさそう」と勝手に想像されてしまいます。

 

これは心理学の『拡大思考』といい、男性よりも女性の方が物事を大きく捉える傾向にあります。

現在起こっていることは、これから先の未来でも同じことが起こる」と脳が判断をします。

 

つまり今回の例でいうと、

  • 自分で決められない男は頼りない。
  • 付き合っても頼りないままかも?
  • 頼れる男の人と付き合いたいな。

 

このように女性は現在の自分と未来の自分とをリンクさせて想像を拡大してしまうのです。

「今の自分がこうなのだから未来の私もこのままなんだ」という思考を、男性の行動一つで加速させてしまうわけですね。

 

ではこの拡大思考を食い止めるにはどんな誘い方がよかったのでしょうか?

こちらが正解になります。

 

 

すでにパスタ屋の話から会話が始まっていますね。

これは、過去にLINEでのやり取りから情報を得ていたからこそ話せる会話なのです。

 

  1. 女性の好みを事前に把握しておく。
  2. お店は男性が事前に候補を決める。
  3. 本当の優しさと気遣いを心掛ける。

 

①の「女性の好みを事前に把握しておく」については、

関連記事に詳細が書いてあります。会話を楽しみたい方はぜひ読んでみてください。

 

好きな人とLINEを使った話題の楽しみ方!

 

 

②の「お店は男性が事前に候補を決める」について、仮に複数のお店が候補に挙がったとします。

その際は、3つまでお店の候補を絞ってください。そして相手に選ばせる際もこう言うのです。

 

あなた「この3つのお店で行きたいところある?もし決められないなら、俺が決めちゃうけど」

 

選択肢を相手にゆだねるように見えますが、結果的に男性が決める。と映りますよね?

これなら女性も、「この人は自分で物事が決められる人なんだ」と思います。結果的に頼りになると錯覚するのです。

 

③の「本当の優しさと気遣いを心掛ける」ですが、男性の多くが勘違いをしています。

先ほどの例でいうと、相手に選択をゆだねることは本当の優しさではありません

 

本当の優しさや気遣いができる人は、相手の都合を最優先に気にするのです。

この日がいい!というのは男性のエゴに映りますが、今週というワードは平日にも休日にも捉えることができます。

 

相手の都合のいい日を大まかに絞って提案する

この提案の仕方であれば、女性側も日程の都合や予定を立てやすいのです。

 

これは余談ですが、男性と女性の違いについて軽く触れます。

 

  • 男性は目的が明確ではない外出を嫌います
  • 女性は目的より男性と行く意味を求めます。

 

男性の論理的思考と女性の感情的思考のズレがあるので仕方ありません。

なので今回の場合は、事前にパスタに行く目的とメリットを伝えていたので成功したといえます。

 

あなたが女性をデートに誘う際の注意点は、

「自分と行くとこんなことがあるよ」という目的を伝えると、成功しやすいです。

 

楽しい会話の続きを直接会ってしよう。といった、直接だとLINEの許容を超えた会話ができます。

あなたと食事をするメリットを相手に伝えるのが大切ということです。

 

スポンサードリンク

もしよかったらは失敗する!

 

 

男性のみなさんはこんな会話でデートに誘う、もしくは誘ったことはありませんか?

過去に成功した人にも言いますが、使わない方がいいです。

 

 

男性に多い文言なのですが、「もしよかったら・・」は嫌われます。

理由は、頼りないに加えて「保険をかけてる?」と思われるからです。

 

女性の心理は、「別に行かなくてもいいなら行かないかな」となります。

どうして行きたいのか?という目的が相手に伝わらない誘いは高い確率で失敗します。

 

「もし」以外にも、「なんとなく」や「何でもいい」も同類です。

あいまいな表現や目的に意味のない回答は嫌われることを覚えておいてください。

 

遅い時間の誘いは失敗する!

 

 

これはどういうことかというと、夜のデートの誘いは失敗するということです。

夜=体目的?という印象を受けてしまうのです。

 

ここでも拡大思考が働くのですが、想像力が豊かな女性は特に気を付けましょう。

だからこそ夜ではなく昼間のランチに誘うほうが成功しやすいのです。

 

昼間であれば明るい時間帯ということもあり、安心する材料があります。

それにランチであれば、女性側も服装や身なりに気を使わなくて済むのです。

 

気軽に行ける場所を選ぶというのも、男性の気遣いや配慮が試されます。

時間帯もですが、気軽に行けるお店を選ぶことで女性も行きやすいですよね。

 

男性は見栄を張る生き物なので、少し高いお店をあえて選ぶ人もいます。

関係が浅いうちから、そんなお店に連れていかれる女性のことも考えるべきです。

 

最初は大衆向けのお店を選ぶことで女性も気軽に行きやすい。

そして2人の距離が十分に近づき告白間近であれば、

 

時間帯は夜にして、ディナーの楽しめる素敵なお店を選ぶのがベストです。

告白に関してはこちらの記事が参考になると思います。暇な時に読んでみてくださいね。

 

告白の成功率を上げる簡単な方法教えます!

 

スポンサードリンク

期待を持たずに無心で誘う!

 

 

自分の気持ちを前面に出して誘う男性がいますが、これは失敗します。

男性の「誘いたい!」という気持ちを抑えて誘うのがコツです。

 

出会って間もない時というのは、お互いに気持ちが分からない時でもあります。

そういう時こそ、「あなたが好きか嫌いかわからない」という姿勢を見せたほうがいいのです。

 

これは『不可実性』と呼ばれる現象で、

付き合いが浅い関係のうちはミステリアスな人のほうがモテる。というのです。

 

「誘いたい!」という姿勢を前面に出すと女性は引いてしまうのです。

なので、誘うときは「よかったら行かない?」という軽い誘い方で十分です。

 

とくに下心を見せるでもなく、がっつくわけでもない姿勢は女性も安心します。

さらに明るい時間帯の誘いなら、安心して誘いを受けてくれる可能性も上がりますよ。

 

「断られてもいいや」という気持ちで、気楽に誘ってみましょう。

勘違いしないでほしいのは、軽い男に見られるような言動は避けてください

 

適当な受け答えや、他の女性にも同様の誘い方をしてる?

といった「遊んでる男」と思われてしまったら意味がありません。

 

そうではなく、余裕がある男と思わせたほうが女性にモテます

この人と付き合いたい!と思わせる男は、心に余裕がある男なのです。

 

最後のまとめ

 

というわけで今回は、

LINEで失敗するデートの誘い方』を紹介しました。

 

自信がない。頼りないという印象を受ける男性はモテません。

 

それは女性の拡大思考が作用するためでしたね。

男性よりも想像や発想が豊かなので、未来の自分まで話が飛躍してしまうのです。

 

男性のみなさんには、普段からの発言や行動には注意が必要です。

たとえ些細なことだとしても、女性にとっては深刻な事態を想像してしまうかもしれません。

 

あとは、女性に対しての気遣いや優しさを間違えないこと

相手に選択をゆだねることが優しさではなく、先に指定してあげるほうが気遣いであり優しさです。

 

なぜなら、店を選択することに掛ける時間が女性にとっては苦痛だからです。

その手間を省くだけでも、女性にしたら気持ちが楽になりますよね。

 

LINEの場合は長文や質問責めも嫌われてしまうので、その辺にも気を使いましょう。

相手を悩ませるような質問誰得?という意味のない質問は避ける。これも気遣いです。

 

面倒と感じるかもしれませんが、好きな人と付き合いたいなら努力をしましょう。

その小さな努力が実を結ぶ日は必ず訪れると信じて、意識しながら実行してくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

error: Content is protected !!