HOME/恋愛成就の手順書/LINEの恋愛説明書/LINEで告白をしたい男性は絶対に読んで!
LINEの恋愛説明書

LINEで告白をしたい男性は絶対に読んで!

 

もし、これからみなさんが好きな人に告白をするとしたら、

会って直接告白をしますか?それともLINEで告白をしますか?

 

「LINEのほうがいいかな」

そうなんです。調べていくとこういう男性が意外と多くて驚きました。

 

これを裏付けるように、某企業が告白の方法について調査したのですが、

調査結果は「LINEでの告白率は30%未満」でした。それでも30%近くもいることに驚きですよね。

 

人にもよりますが「LINEで告白をされてもいい」という人もいれば、「直接のほうがいい」と言う人もいます。

そして気になる成功率ですが、直接の告白よりも文章での告白のほうが成功率が高いという研究結果もあるから驚きます。

 

もしかしたらLINEでの告白もアリかも。

と、思ったのはきっと私だけではないはずです。

 

 

ということで今回のテーマは、

LINEの告白が成功する方法(男性編)』を紹介します。

 

最後まで読む頃には、

「自分の気持ちを込めて告白しようかな」と思ってもらえるように説明しますね。

 

 

 

直接告白のほうが、告白される人も嬉しいのでは?

このように思う方は多いです。私自身もそう思います。

 

理由は、

相手の顔が見えない=告白の本気度が伝わらない

文章だけで「好きです」と言われて、普通の人はどう反応するのでしょう。

 

実際に恋愛の悩み相談の掲示板を見ても、

「LINEで告白をしたらフラれました」という書き込みがありました。

 

といっても、会って告白をしてもフラれる人はフラれます。

成功するに至る準備ができていない状態でアタックをしたら失敗するのは当然です。

 

これを踏まえると、

「準備ができていればLINEでも成功するかも」と思いますよね。

 

この文章による成功率を調べた研究チームによると、以下のことが作用してるのでは?という仮説があります。

表情仕草相手の反応といった情報量が少ないため、文章のほうが言葉よりも細かく丁寧に「好き」という気持ちを伝えられる。

 

これをLINEで例えると、

自分の気持ちを誠実に伝えれば告白は成功します。ということですね。

 

では自分の気持ちを誠実に伝えるというのはどういうことなのでしょうか?

答えは次に続きます。

 

スポンサードリンク

告白に物語を乗せてみる!

 

 

ここでみなさんにとっておきのテクニックを教えます。

これは直接の告白でも有効な方法ですが、LINEでも使える方法です。

 

物語を乗せて告白をしてみよう!』作戦です。

ネーミングがダサいのはスルーしてくださいね。

 

他にも3つのテクニックを使った告白を考えたので、下の画像を参考にしてみてください。

下の画像は、あくまでもこの記事を書くために私が参考で作ったものです。

 

 

この告白には3つのテクニックが使われています。

 

  1. 相手と共有した思い出
  2. 不安な気持ちを伝える
  3. 素敵なところを褒める

 

順を追って説明していきますね。

まずは①の相手と共有した過去の体験について話していきますね。

 

1.相手と共有した思い出

 

これは人の感情を上手く利用したテクニックです。

人は嬉しい時楽しい時に感情が高まるとされています。その感情を利用するのがコツです。

 

とくに女性は男性と違って、物事を大きく捉える傾向にあります。

これを『拡大思考』といいます。

 

つまり、現時点で「楽しい」という感情があれば、

過去も楽しかった。そしてこれからも楽しいことが起こる。と脳が勝手に解釈するのです。

 

それを相手に感じてもらうため、過去の出来事をLINEに組み込んでみました。

とくにコツはなくて、相手との楽しかったことを書けばいいです。

 

この拡大思考の詳細は下の関連記事をご覧ください。

直接告白をする際のアドバイスが載っているので、直接も考えてならぜひ読んでみてくださいね。

 

告白の成功率を上げる簡単な方法教えます!

 

2.不安な気持ちを伝える

 

人の感情というのは、表情雰囲気声のトーンなどで感じることができます。

なぜいま感情の話をするかというと、告白を成功させるためにも相手の感情を動かす必要があるからです。

 

どうして感情を動かす必要があるのか?

これは先ほどの関連記事に載せてあるので、興味がある方は読んでみて下さいね。

 

ということで、好きな相手には自分の本気度を伝える必要があります。

遊びと受け取れるような告白で好きと言っても失敗するからです。

 

今回はLINEで告白をすることを目的としているので、文章に感情を込めましょう。

難しく感じますが、実は誰でもすぐにできます。

 

画像を見ればわかりますが、

「断られたらどうしよう」という一言。これが感情です。

 

これは、相手を誘う前から、

「断られたら」という感情をさりげなく伝えていますね。

 

相手からすれば、

「そんなに私と一緒に行きたかったんだ」と思うはず。

 

告白をする前は、少しでも相手の気持ちがあなたに向くようにしておきましょう。

こういった小さなことが確率を上げる秘訣になるのです。

 

3.素敵なところを褒める

 

これも相手の感情を動かす上では欠かせません。

「あなたの○○なところが好き」という気持ちは伝えるべきです。

 

このLINEの文章では「癒されてる」と書きましたが、ここはあなたが感じた感情を書けばいいです。

相手の「ここに惚れた」という、自分の素直な気持ちを伝えることで相手にも伝わります。

 

過去を振り返った時に、

「あの時に○○ちゃんの一言で救われた」というエピソードを添えるのもいいですね。

 

2人だけの思い出というのも相手の感情が大きく動きます。

その時の楽しかった思い出を、ぜひ告白の時に活用してみてください。

 

告白が失敗する共通点は?

 

 

告白が失敗する原因は相手ではなく、あなたに問題があると考えましょう。

失敗に繋がる4つの原因を挙げます。

 

  1. 相手の気持ちを優先的に考えていない。
  2. 自分が好きだから相手も。という勘違い。
  3. 主導権が相手ではなく自分になっている。
  4. 2人の距離が十分に縮まり切っていない。

 

①まずは、相手の気持ちを考えない人は失敗します。自分の気持ちばかりを優先にしてはいけません。

 

②「仲良く話せているし、相手も俺のことが好きなはずだ」という思い込みの強い人も失敗します。

 

③会話の基本は相手に主導権を持たせることが大切です。相手に主導権を持たせたほうがテンポのよい会話ができます。

告白の時も、相手が返事を出しやすい状況を作ってあげましょう。

 

④そもそも2人の距離が縮まっていない状態で告白をしても成功するはずはありません。

とくにLINEなどの文章で気持ちを伝える時こそ距離を縮めておく必要があります。

 

スポンサードリンク

告白で大切なのは伝え方!

 

 

どれだけ素敵な言葉を並べても、一番の成功する秘訣は伝え方です。

ただ「好きだ好きだ」と100回言うよりも、精一杯気持ちを込めた「あなたのことが好きです」のほうが相手には届きます。

 

これは学生の男性に多く見られるのですが、軽いノリで告白をする人がいます。

LINEなら軽いノリでも許されると思っているかもしれませんが、そんな気持ちではこの先の恋愛も上手くいきません。

 

高校生の学園祭の演出で、みんなの前で告白をするイベントが悪い例ですね。

たくさんの人の前でする告白というのは、NOを言えない状況を故意に作り出すことで無理やりYESと言わせる方法。

 

断りずらいからその場ではOKをするものの、残念ながら恋愛は長続きしません。

相手と長く付き合いたいと思うなら、公開処刑のような告白は避けるべき!

 

告白をする側とされる側の温度差は、文章だとしてもある程度は伝わります。

伝え方が下手な人は、文章に熱を込めるのが極端に下手くそなのです。

 

絶対に成功する文章なんて存在しないのですから、あなたの気持ちを十分に込めて告白しましょう

それこそが成功率を上げる最大の秘訣なのです。

 

最後のまとめ

 

というわけで今回は、

LINEの告白が成功する方法(男性編)』の紹介でした。

 

過去の思い出を告白の前に伝えるやり方は効果的なので、絶対に試してみてくださいね。

その他にも、感情を動かす大切さが少しでも理解して頂けると嬉しいです。男性よりも女性のほうが感情の与える効果は絶大なのです。

 

思い出を作る=距離を縮めることにも繋がります

だからこそ告白をする前には、たくさんのデートを重ねる必要があります。

 

お互いが楽しいと思える時間を共有するだけで、グッと成功率は上がります。

誘ってみてすぐに反応あるようなら距離が近づいている証拠です。素敵な恋愛ができることを心から願っております。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

error: Content is protected !!