HOME/マッチングアプリ/会話関連の参考書/マッチングアプリでの正しい会話の進め方!
会話関連の参考書

マッチングアプリでの正しい会話の進め方!

 

マッチングには成功したけど、この後はどう進めればいいの?

これはマッチングアプリのあるあるの悩みだったりします。

 

出会うまでには、どんな会話をすればいいのか?

どのように話を進めていけば会えるかわからない。

 

女性から男性を誘うのは、それほど難しくありません。

しかし、男性から女性を誘うのは少しだけ大変かも。

 

 

ということで今回は、

マッチングアプリでの正しい会話の進め方』を紹介します。

 

最後まで読む頃には、

「話の振り方を考えるわ」と思ってもらえるように説明しますね。

 

出会うまでの会話の進め方!

 

 

「すぐに会って楽しく話したい!」と誰でも思いますよね。

そのまま付き合えたら最高!と思う人も多いかもしれません。

 

マッチングアプリは大きく分けて、2種類の出会いがあります。

 

  1. 今すぐに会ってみたい
  2. 慎重に相手を選びたい

 

すべてが①のように、『今すぐに会いたい』人ばかりだと楽ですね。

 

男性は①の意見多いので、女性の誘いにも断る印象はありません。

しかし、女性の場合は『慎重に相手を選びたい』という傾向に。

 

女性は無料で登録できるのに、どうして会うのを迷う?

もちろん気軽な気持ちで出会いを求める女性もいます。

 

  • 単純に遊びたい
  • 恋活をしたい
  • 婚活をしたい

 

このように目的はそれぞれ異なります。

 

ということで異性と出会うためには、

その人に合わせた進め方が必要」となってくるのです。

 

女性なら20~25歳までは気軽な出会いを求めるでしょう。

しかし25歳を過ぎた辺りから出会いが難しくなっていきます。

 

年齢も30歳を超えてくると、相手のことを慎重に選びます。

プロフィールの内容、メッセージのやり取りも重要に。

 

メッセージのやり取りは他の方と一緒の流れで大丈夫です。

男性に求められるのは、波長を合わせられるかどうかだけ。

 

ざっくりとした、会うまでの流れがこちら。

 

  1. 会話を続けられるような関係になる。
  2. 相手とLINEを交換して会う約束をする。
  3. 実際に会って食事をしながらの会話を。

 

①の会話を続けられるような関係を望む場合。

相手との距離をある程度は縮めておく必要があります。

 

そして次に大切なのがLINE交換です。

マッチングアプリのメッセージで会う約束をするのも問題ありません。

 

ただし、アプリをいちいち開くのは面倒ですよね?

これは相手も同じことを考えているので、

「よかったらLINE交換しない?」と聞くと、すんなりOKをもらえたりします。

 

ただし注意点があるので、

詳細は『LINE交換のタイミングとは?』で説明しますね。

 

LINEの交換の後は、実際に食事などに誘いましょう。

ただし普通に誘ってしまうと失敗する可能性もあります。

 

出会う為にはとても重要なことなので、

出会うための正しい誘い方!』で詳細を説明します!

 

スポンサードリンク

LINE交換のタイミングとは?

 

 

 

LINEに移行するタイミングは、一週間以内を目標に。

できれば3日以上会話が続いたらLINE交換を話してみましょう。

 

一週間以上もメッセージでのやり取りが続くと、相手も飽きます。

他にも良い人がいるんじゃないかな?と探すのです。

 

あなた自身も、狙ってる方以外にも他の人を物色したりしませんか?

これは相手も同じことを考えてる可能性は十分にありますよ。

 

いちいちマッチングアプリを開くのも面倒という心理も働きます。

そしてアプリの性質上、別な人を毎回紹介するシステムにも問題があります。

 

無駄にやり取りに時間を掛けると、

「別にあなたじゃなくてもいい」となるので、3日を過ぎたらLINEの交換を提案すること。

 

仮に「ごめんなさい」と言われても問題ありません。

次の人を探す時間を稼げたと思えばいいし、無駄な時間を労せずに済んだことを喜びましょう。

 

相手に対しても、

「素敵な人と出会えることを願っています。ありがとうございました」と伝える。

これが大人としての最低限のマナーだと思ってくださいね。

 

出会うための正しい誘い方!

 

 

知らない者同士が出会う為には目的が必要

男性は目的を重視する。女性は会うメリットを探そうとします

 

食事、エリアの話、共通の趣味の話題が出たら誘えるチャンス!

ただし、一週間以上もこの話題が出ないと女性は飽きる。

 

ここで重要なのは、メッセージの中で出会うための口実を探すこと。

定番なのは食事です。他にも趣味場所の話が出たら出会えるチャンスですよ!

 

例えば食事を例に挙げると、

「○○の周辺だと、おすすめのお店ってどこなんですか?」

 

このような質問をすると、相手も答えてくれます。

「○○周辺だと、○と○が美味しくておすすめかな。私がパスタが好きっていうのもあるけど 笑」

 

こんな答えが返ってきたら、

「〇と〇がおすすめなんですね。僕もパスタは大好きなので、ぜひ食べてみたいです!ご馳走するので、よかったら一緒に行きませんか?」

 

ここで使った心理学は、

バックトラッキング』と『類似性の法則』を利用しています。

 

バックトラッキングとは日本語に訳すとオウム返しのことです。

相手と同じことを言い返す。つまり同調=共感として相手は受け取ります。

 

共感をすると、相手には「私の話を聞いてくれてる」と捉える。

すると、その人に対して好感を抱くようになるのです。

 

類似性の法則とは、あなたと好みが同じと捉えてもらうための手法の一つ

自分と同じ、または似てる人に対して好感を持つようになります。

 

先ほどのバックトラッキングや類似性の法則とは、

相手に対して、「相性が合うかも」というメッセージを投げるのと同じ効果を期待できます。

 

もちろん、こお方法をやれば必ず恋愛が成功するわけではありません。

あくまでも、心理学を用いた恋愛テクニックの一つだと思ってくださいね。

 

 

逆に女性が男性を誘う場合は、相手の心理状態を考える必要はありません。

「よかったら、今度ご飯でも食べにいきませんか?」これだけで十分です。

 

男性にとっては、明確な目的を提示すればイエスかノーしか答えません

女性のような悩み方はしないので、「食事」という目的を提示するだけで済みます。

 

女性と違って男性は根が単純なので、心を読みやすいかもしれません。

浮気性な男性の見分け方として、マッチングの当日に誘いをしてくる男性は要注意

 

女性と遊ぶことに慣れているかもしれません。

そういう人は浮気をする可能性が高いので、すぐに会うのは避けたほうがいいでしょう。

 

自分の中で、3日以上誘いをしてこない男性なら「真面目な人」という定義を決める。

そういう人は「会ってもいい」という判断材料の一つにしてもいいかもしれません。

 

あとは実際に会ってから、また会いたいか。付き合いたいか。

といった判断をしていけば、恋愛で失敗することも少ないと思います。

 

スポンサードリンク

出会えたから成功とは違う?

 

 

食事に誘ったその日に「よかったら付き合おうよ!」と告白する人。

これは女性よりも男性のほうが圧倒的に多いかもしれません。

 

相手から見ると、なんでそうなるの?と感じるかも。

当の本人は、「食事に行く = 付き合えるかも」と舞い上がるわけです。

 

出会う = 好きではない

まずはこの誤解を解かないといけませんね。

 

相手の女性からすれば、

「一度くらいは会ってみてもいいかな」しか思っていません。

 

そもそもマッチングは各々の目的で利用します。

恋愛目的の人もいれば、ただ食事ができればいいと考える人もいます。

 

今回のケースは、「食事だけなら」という人だったかもしれないですね。

マッチングの出会いこそ、相手との距離感を確かめつつ行動したほうが上手くいきます

 

最後のまとめ

 

というわけで今回は、

マッチングアプリでの正しい会話の進め方』について紹介しました。

 

とくに難しい内容ではなかったと思いますが、

正しい進め方をしないと、マッチングアプリとはいえ上手くいきません。

 

最後に紹介した、勘違いする人はとくに上手くいかないので注意ですよ。

 

実際に会った時は、相手に主導権を渡したほうが会話は弾みます

とくに難しい手法ではないので、ぜひ皆さんには覚えてほしいです。

 

他の記事でも役立つことを話していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

マッチングアプリの出会いが、恋愛に発展するよう心から願っております。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

error: Content is protected !!